試合レポート / report

トップイーストDiv1第8節 三菱重工相模原戦 試合結果

20151128 相模原ギオンスタジアム

東京ガス 16 - 55 三菱重工相模原DYNABOARS
T G PG DG Total   Total T G PG DG
0 0 3 0 9 1st 20 2 2 2 0
7 1 1 0 7 2nd 35 5 5 0 0
出場選手
東京ガス 三菱重工相模原DYNABOARS
1.小山 洋平
2.平野 裕馬
3.小関 大介
4.坂本 駿
5.Mark Burman
6.箱崎 友己
7.高野 祐史
8.岩山 真司
9.皆良田 勝
10.Hayden Cripps
11.斉藤 春樹
12.西田 悠人
13.野田 滉貴
14.西尾 風太郎
15.宗像 仁
リザーブ
16.伊藤 欣末
17.大平 純平
18.橋本 樹
19.村上 丈祐
20.高野 聡
21.辰野 新之介
22.佐藤 宏哉
23.黒澤 健

2015年11月28日(土)14:00より、相模原ギオンスタジアムにて、トップイーストDiv1第8節三菱重工相模原戦が行われ、16-55で敗北いたしました。


前半:開始早々にトライを奪われる苦しい展開。

今シーズン第8節は、三菱重工相模原DYNABOARSを相手に相模原ギオンスタジアムで行われた。
三菱のキックオフで試合は始まった。TGは試合開始のキックオフのボール処理をミスしてしまい、相手にボールを奪われ、いきなり自陣深くまで攻め込まれる。
すると1分、自陣ゴール前の相手ボールラインアウトからモールを押し込まれ、トライを奪われてしまった(TG0-7三菱)。
その後も勢いに乗る三菱の攻撃を耐える時間が続く。
7分、自陣、ゴール正面10m付近でペナルティを犯すと三菱にPKを決められ、更にリードを拡げられてしまった(TG0-10三菱)。
反撃に転じたいTGは、11分、敵陣に攻め込みペナルティを得ると、PKを成功(TG3-10三菱)させる。
その後は互いに一進一退の攻防が続き、互いにPKを取り合う展開となった。
20分三菱がPKを成功(TG3-13三菱)。
29分、33分には、TGが連続してPKを成功させる(TG9-13三菱)。
4点差まで点差を詰めたTGだったが、前半ロスタイム41分に自陣ゴール前まで攻め込まれると、ゴール前の相手ラインアウトからのモールを崩してしまい、故意のペナルティとして認定トライを奪われてしまい、ゴールも決められ(TG9-20三菱)、11点のリードを許して前半を終了した。


後半:1トライを返すも相手の硬いディフェンスを崩せず。逆に点差を離される。

後半は、TGのキックオフで始まった。
早い時間帯に点差を詰めたいTGだったが、7分、三菱の連続攻撃からトライを奪われ逆にリードを拡げられてしまった(TG9-27三菱)。
TGは、11分、敵陣ゴール前のペナルティから素早い攻撃を見せ、⑤マークが突進してゴールライン付近でラックを形成すると、②平野がサイドを突いてトライを奪った。
このトライで勢いに乗りたいTGであったが、15分、三菱のサインプレーにディフェンスが対応できず、トライを奪われてしまう(TG16-34三菱)。
26分には、三菱の勢いのある連続攻撃を止めることが出来ず、右隅にトライを奪われ、更に点差を拡げられてしまった(TG16-41三菱)。
最後まであきらめないTGは、自陣から積極的にボールを展開して攻撃を繰り返すが、三菱の硬いディフェンスを破ることは出来なかった。
逆に攻撃から三菱にボールを奪われ、ゴール前まで攻め込まれると、35分、ゴール前のスクラムから三菱の外国人選手の個人技でトライを許し(TG16-48三菱)、後半ロスタイムの41分にも、駄目押しのトライを奪われ(TG16-55三菱)、そのままノーサイドとなった。



このページの先頭へ