試合レポート / report

トップイーストDiv1第6節 横河戦 試合結果

20151108 八王子市上柚木公園陸上競技場

東京ガス 64 - 17 横川武蔵野アトラスターズ
T G PG DG Total   Total T G PG DG
5 5 0 0 35 1st 10 1 1 1 0
5 2 0 0 29 2nd 7 1 1 0 0
出場選手
東京ガス 横川武蔵野アトラスターズ
1.伊藤 欣末
2.平野 裕馬
3.橋本 樹
4.坂本 駿
5.Mark Burman
6.箱崎 友己
7.阿井 宏太郎
8.粕谷 俊輔
9.皆良田 勝
10.Hayden Cripps
11.斉藤 春樹
12.西田 悠人
13.野田 滉貴
14.西尾 風太郎
15.宗像 仁
リザーブ
16.小山 洋平
17.大平 純平
18.小関 大介
19.岩山 真司
20.高野 祐史
21.辰野 新之介
22.今森 甚
23.木崎 翼

2015年11月8日(日)14:00より、八王子市上柚木公園陸上競技場にて、トップイーストDiv1第6節 横河戦が行われ、64-17で勝利いたしました。

前半: 先制トライを許すも危なげない試合運び

古豪、横河武蔵野アトラクターズ(以下、横河)を相手に八王子市上柚木公園陸上競技場にて14:00キックオフで行った第6戦。
これまで順調に白星を重ね5戦全勝で迎えた東京ガス(以下、TG)。
今後の上位陣との対戦を考えると勝利することはもちろん、試合内容も含め重要な一戦となる。

雨のなか横河のキックオフで始まった試合、序盤はキックの応酬によりお互いが敵陣でのプレーを望むなか、雨の影響もあり両チームにハンドリングエラーが目立つ。
11分均衡を破ったのは横河、TG陣10m付近でのラインアウトより展開し、最後は右スミにトライ、ゴールも決まり7点を先制される(TG0-7横河)。
先制され嫌なムードが漂う中、⑩ヘイデンの正確なキックで陣地を挽回、14分横河陣10m付近ラインアウトからの連続攻撃、⑩ヘイデンから⑬野田へと繋ぎそのまま横河のディフェンスを振り切ってトライ、⑩ヘイデンのゴールも決まり同点に追いつく(TG7-7横河)。
このトライで勢いづいたTGは23分、横河陣ゴール前でのラインアウトよりモールで押し込み⑥箱崎のトライ、ゴール成功で7点を追加(TG14-7横河)いっきに横河を突き放しにかかる。
32分横河陣ゴール前ラインアウトより連続攻撃、⑬野田のトライ、ゴール成功(TG21-7横河)。
圧巻は直後の35分、横河のキックオフボールをキャッチしたTGが自陣より連続攻撃、④坂本のパワフルな突進の後、⑨皆良太のノーホイッスルトライ。
雨により手元が滑る状態のなか15人全員が意識の高いプレーが出来た証である。
キック成功(TG28-7横河)。
その後、横河にPGを決められたものの41分に⑫西田のトライ、キック成功(TG35-10横河)。大量リードで前半を終える。

後半:TGの持てる力を発揮し圧勝!

後半も優勢に試合を運び6分横河陣ラインアウトよりバックスの展開から最後は⑭西尾のトライ、⑩ヘイデンが難しい確度のゴールを決め7点追加(TG42-10横河)。
ここまで⑩ヘイデンのキックはすべて成功しており、TGの得点源として期待のもてるプレーヤーである。
すべてのプレーで圧倒したTGはその後もトライを重ね6分のトライに続き11分、17分に⑭西尾の3連続トライ(TG52-10横河)。
22分スクラムからの連続攻撃から⑤マークのトライ(TG59-10横河)。
34分横河にトライを奪われるも(TG59-17横河)、終了間際の42分TG陣よりバックス展開から⑬野田のこの日3つ目となるトライ(TG64-17横河)。
圧勝で試合終了となった。
当日は雨にも関わらず多くの方々が応援に駆け付けてくださった。
神奈川県に所属するTGグループ社員の大応援団の声援など、多くの声援がTGメンバーの雨中での集中力を醸成し、本日の圧勝に繋がったことは明白である。
終盤の3戦は絶対に負けられない試合が続く。
本日のようなフィールドに立つメンバーだけでなく、TGグループ一丸となって挑む体制を今後も期待したい。

このページの先頭へ