試合レポート / report

トップイーストDiv1第1節 栗田工業戦 試合結果

20150912 萩野運動公園競技場

東京ガス 32 - 29 栗田工業
T G PG DG Total   Total T G PG DG
1 1 3 0 16 1st 22 3 2 1 0
1 1 3 0 16 2nd 7 1 1 0 0
出場選手
東京ガス 栗田工業
1.小山 洋平
2・大平 純平
3.橋本 樹
4.坂本 駿
5.Mark Burman
6.箱崎 友己
7.高野 祐史
8.粕谷 俊輔
9.皆良田 勝
10.Hayden Cripps
11.佐藤 宏哉
12.西田 悠人
13.野田 滉貴
14.西尾 風太郎
15.茂木 直也
リザーブ
16.伊藤 欣末
17.平野 裕馬
18.村上 丈祐
19.高野 聡
20.辰野 新之介
21.今森 甚
22.木崎 翼
23.小関 大介

2015年9月12日(土)17:00より、萩野運動公園競技場にて、トップイーストDiv1第1節 栗田工業戦が行われ、32-29で勝利いたしました。

前半:序盤はリードするも逆転を許し、6点ビハインドでハーフタイムを迎える。

2015シーズンの開幕戦は、強敵の栗田工業を相手に厚木市萩野運動公園で17:00からナイターで行われた。
栗田工業は過去3年間、1勝2敗と負け越している相手であり、今シーズンの結果を左右する大切な試合である。
東京ガス(以下TG)のキックオフで始まった試合は、序盤はTGのペースで進んだ。敵陣で優位に試合を進めたTGは6分、14分にPGを決めリードを奪う(TG6-0栗田)。
17分には逆にPGを許すが、20分に再度PGを決め、9-3と6点のリードを保ち、前半の折り返しを迎えた。
ところが24分、一瞬の隙を突かれゴール前まで攻め込まれると⑤マークの反則が、故意のペナルティとしてシンビン(10分間の退場)となってしまう。
TGは、数的優位となった栗田工業の勢いを止めることが出来ず、25分(TG9-10栗田)、29分(TG9-15栗田)と連続でトライを許してしまう。
33分に敵陣深くに攻め込み、⑩ヘイデンのキックパスを受けた⑪佐藤がトライを決め(TG16-15栗田)逆転するも、終了間際の40分にハーフライン付近でまたもディフェンスを突破されると、そのままトライを奪われ(TG16-22栗田)、リードを許して前半を終了した。


後半:互いに譲らず、同点のままロスタイムに突入し、劇的PGで勝利をつかむ。

早い時間帯に追いつきたいTGは、8分にPGで3点差に迫ると、12分、連続攻撃から⑭西尾がディフェンスを突破。タックルを受けながらパスをつなぎ、⑪佐藤が左隅にトライ。
GKも成功し再度リードを奪った(TG26-22栗田)。
テンポ良く攻めるTGであったが、20分 パスミスからボールを奪われるとゴール前まで攻め込まれオフサイドを犯してしまう。
ここからゴール前ラインアウトを選択した相手のモールを止めることが出来ず、再度逆転を許してしまった(TG26-29栗田)。
TGは30分⑩ヘイデンがPGを決め(TG29-29栗田)、ゲームを振り出しに戻すと、ここからは互いにPGを狙い合う展開となる。
34分栗田工業失敗、38分、41分にはここまで7/7成功させていた⑩ヘイデンがまさかの連続での失敗。
同点のままノーサイドかと思われたが、勝利を諦めないTGは、ロスタイム、自陣から懸命に連続で攻め、少しずつ前進し敵陣まで攻め込む。
45分、敵陣22mライン付近でペナルティを得るとPGを選択。選手・観客が固唾をのんで見守る中、⑩ヘイデンが慎重に決め、ついに勝ち越しに成功。
同時にノーサイドの笛も鳴り響き、劇的な開幕戦勝利となった。

写真:舛元清香

このページの先頭へ