試合レポート / report

トップイーストDiv1第9節 栗田工業戦 試合結果

20131130 海老名運動公園

東京ガス 10 - 18 栗田工業
T G PG DG Total   Total T G PG DG
0 0 0 0 0 1st 8 1 0 1 0
1 1 0 1 10 2nd 10 1 1 1 0
出場選手
東京ガス 栗田工業
進藤 崇
小柳 貴裕
平野 裕馬
Mark Burman
橋本 樹
箱崎 友己
村上 丈祐
岩山 真司
皆良田 勝
今森 甚
吉田 辰也
西田 悠人
長尾 岳人
斎藤 春樹
Brando Vaaulu
岡本 隆太郎
夏目 賢
岩下 和弘
菅原 貴広
藤原 慎介
大野 潤滋朗
斉藤 修司
Ash Parker
森 洋三郎
本村 旨嵩
松本 卓也
浅田 亮太
Jason Kawau
片岡 将
山崎 真二
リザーブ
茂木 均
桑原 一将
小俣 智広
高野 聡
佐々木 翔太
柿崎 恭兵
佐藤 宏哉
小関 大介
諸隈 知也
三浦 久直
中尾 光男
森 勝己
渕本 伸二郎
坪井 淳
石井 悠介
村上 駿輔

2013年11月30日(土)13:00より海老名運動公園にて、トップイーストDiv1第9節 栗田工業戦が行われ、10-18で敗北いたしました。

前半:序盤から積極的に攻撃を仕掛けるもトライ奪えず、無得点に終わる。

前半は東京ガスのキックオフで試合開始となった。東京ガスは先取点を奪い、序盤から試合の指導権を握りたいところである。その東京ガスはキックオフ直後から栗田工業陣内に攻め込む。しかし、先制点を奪ったのは栗田工業であった。前半6分、東京ガスゴール前のモールからサイドを突破され、先取点を栗田工業に許してしまった。ゴール失敗(TG 0-5 栗田)東京ガスも早い時間帯で得点を上げ、逆転したいところだがその後は互いに一進一退の攻防が繰り返させる。東京ガスもチャンスはあるものの、中々トライまでには結びつかない。その焦りなのは同18分、栗田工業にペナルティーゴールで3点を加点されてしまう。(TG 0-8 栗田)これ以上、点差を広げたくない東京ガスは相手のキックボールを⑪吉田がカウンターアタックを仕掛けて反撃のチャンスを作るものの、得点には結びつかない。また、   同23分、栗田工業陣内10m付近のラックから左へ展開⑨皆良田→⑪吉田と繋がり、絶好のトライチャンスかと思われたが、⑪吉田へパスがスローファードとなり、チャンスを逃してしまう。同28分にも⑩今森からのリターンパスで②小柳が抜け出し、ゴール前まで攻め込むもマイボールラインアウトを栗田工業にボールを奪われてチェンスをものにできずにいた。同38分には栗田工業陣内10m付近のスクラムから右へ展開。ラックから素早く再度、右へ展開して最後は④マークが右隅へトライをしたかに見えたが、一歩届かず。結局再三のチェンスはあったもののトライをとることができず、無得点のまま、前半終了となってしまった。

後半:トライで反開始かと思えたが、東京ガスペースには持ち込めず。
後半は栗田工業のキックオフで開始となった。得点差はそんなに開いていないものの無得点の東京ガスはまずは早い時間帯に得点を取りたいところである。後半の入りも東京ガスは果敢に栗田工業陣内で試合を進める。東京ガスのガスの果敢な攻めに栗田工業もたまらずペナルティーをしてしまう。そのペナルティーから東京ガスへチャンスが巡ってきた。後半7分、栗田工業のペナルティーから⑨皆良田が速攻を仕掛ける。FWがゴール前まで突破し、最後はラックから⑬長尾が中央にトライを奪い、この試合初めての得点をあげる。⑩今森のゴールキックも決まり、1点差まで詰め寄る。
(TG7-8栗田)この得点で応援席も盛り上がり、流れは東京ガスに傾くかに思えたがその直後、同8分、栗田工業のすぐさま、東京ガスの反則からペナルティーゴールを決め、得点差を4点差と広げる。

(TG7-11栗田)ワントライで逆転可能な東京ガスは栗田工業のゴールラインを目指して果敢に攻め込む。ディフェンスに関しても栗田工業の突破を幾度となく体を張り、食い止める。アタックでも15人がひたむきにボールを繋ぎ、トライを取ろうと攻め続けていた同15分、東京ガスはゴール正面から⑩今森がドロップゴールを成功させ、

(TG 10-11栗田)またもや1点差まで追い上げる。しかし、同26分、今まで低く入っていたタックルが甘くなり、栗田工業にトライをとられてしまう。ゴールも決まり、(TG 10-18栗田)8点差となってしまった。東京ガスが逆転するにはワントライ、ワンゴールの他に得点をとらなければならない。逆転する時間は十分に残されてはいるもののこの試合、まだワントライしか挙げていない東京ガスにとっては、厳しい得点差であった。最後まで東京ガスペースにはならず、反撃をするものの得点には結びつかず、ノーサイドとなってしまった。



このページの先頭へ