試合レポート / report

トップイーストDiv1第8節 釜石SW戦 試合結果

20131116 北上総合運動公園陸上競技場

東京ガス 10 - 38 釜石SW
T G PG DG Total   Total T G PG DG
1 0 0 0 5 1st 21 3 3 0 0
1 0 0 0 5 2nd 17 3 1 0 0
出場選手
東京ガス 釜石SW
進藤 崇
小柳 貴裕
平野 裕馬
Mark Burman
橋本 樹
箱崎 友己
阿井 宏太郎
深澤 泰山
皆良田 勝
今森 甚
吉田 辰也
西田 悠人
長尾 岳人
斎藤 春樹
黒澤 健
斉藤 芳
小野寺 政人
佐々木 和樹
伊藤 剛臣
ルイ ラタ
須田 康夫
佐伯 悠
Andrew Stead
井上 益基也
調 建造
菅野 朋幸
ニールソン武蓮傳
Setu Uarotafou
加藤 諒
奥田 浩也
リザーブ
掛川 剛
桑原 一将
村上 丈祐
岩山 真司
佐々木 翔太
柿崎 恭兵
西尾 風太郎
小関 大介
樋澤 泰二
長沼 英幸
Joshua Afu
江幡 誠弘
佐久間 隆
タウファ タフィアイバハ優
James Kamana
高橋 拓也

2013年11月16日(土)13:00より北上総合運動公園陸上競技場にて、トップイーストDiv1第8節 釜石SW戦が行われ、10-38で敗北いたしました。

前半:釜石シーウェイブスRFCの勢いを止められず

釜石シーウェイブスRFCの地元で、チャレンジマッチ出場へ望みを掛けた大一番が始まろうとしていた。東京ガスはこれまで5勝2敗、対する釜石シーウェイブスRFCは6戦1敗と、東京ガスがチャレンジマッチ出場へ望みをつなげるには、絶対に負けられない試合である。


13:00に釜石シーウェイブスRFCのキックオフで試合開始。

東京ガスは、キックオフ直後から釜石シーウェイブスRFCのアタックを受け、激しいタックルで応戦するものの、相手の勢いを止めるには至らず、ディフェンスに多くの時間を費やした。

前半16分、東京ガス陣内のラックから展開され中央にトライを奪われる(0-7)。前半20分にも東京ガス陣内のラックから展開されトライを奪われ、連続で失点してしまう(0-14)。

連続トライで勢いに乗る釜石シーウェイブスRFCに傾いた試合の流れを何とか戻したい東京ガスは、日々の練習で確認してきたことを試合でも発揮するが、トライまでは届かない。逆に、前半28分、またもラックから繋がれ、右中間にトライを奪われてしまった(0-21)。

前半31分、釜石シーウェイブスRFCゴール前に迫った東京ガスは、ラインアウトからしっかりとボールをキープし、モールを押し込んで反撃のトライを奪った(5-21)。

その後も積極的なアタックからチャンスを掴もうとするものの、釜石シーウェイブスRFCのディフェンスの裏に出ることが出来ず、トライを奪えないまま前半が終了した。

後半:一時反撃ムードが漂うが・・・。

後半は、東京ガスのキックオフで開始された。

前半の流れを変えたい東京ガスだったが、後半開始から相手ペースで試合が進んだ。後半8分、東京ガスはゴール前へと攻め込まれる。釜石シーウェイブスRFCは、東京ガスゴール前のラインアウトから②が抜け出し、東京ガスは右中間にトライを奪われた。(5-26)

これ以上、離されたくない東京ガスは、後半18分、釜石シーウェイブスRFC陣内でラックを連取し、最後は③平野がトライを奪った(10-26)。

残り時間が20分ある中、反撃ムードが一時漂ったが、試合巧者の釜石シーウェイブスは、その後も攻めの姿勢を崩さなかった。後半の終わりに差し掛かると地元応援団の応援が釜石シーウェイブスRFCの選手たちを後押しする形となり、後半28分には、東京ガスの反則(フリーキック)から追撃の目を積む形となるトライを奪われてしまった(10-31)。

終了直前の後半38分には、最後まで攻撃の手を緩めない釜石シーウェイブスRFCに、東京ガス陣内のラックから展開され、ダメ押しとなるトライを奪われ(10-38)、 ここで試合終了となった。

0 0
出場選手
東京ガス 三菱重工相模原ダイナボアーズ
健策
リザーブ
茂木 均
桑原 一将
村上 丈祐
岩山 真司
佐々木 翔太
柿崎 恭兵
西尾 風太郎
小関 大介
安藤 悠稀
北川 喬之
三輪谷 悟士
堀越 健介
西舘 健太
太田 千博
Shane Williams

2013年11月9日(土)14:00より麻溝公園競技場にて、トップイーストDiv1第7節 三菱重工相模原ダイナボアーズ戦が行われ、5-80で敗北いたしました。

このページの先頭へ