試合レポート / report

トップイーストDiv1第6節 日野自動車REDDOLPHINS戦 試合結果

20131102 東京ガス大森グラウンド

東京ガス 55 - 7 日野自動車REDDOLPHINS
T G PG DG Total   Total T G PG DG
6 3 0 0 36 1st 0 0 0 0 0
3 2 0 0 19 2nd 7 1 1 0 0
出場選手
東京ガス 日野自動車REDDOLPHINS
進藤 崇
小柳 貴裕
平野 裕馬
Mark Burman
橋本 樹
深澤 泰山
阿井 宏太郎
James Maher
皆良田 勝
今森 甚
吉田 辰也
西田 悠人
柿崎 恭兵
斎藤 春樹
黒澤 健
秋谷 喜美男
郷 雄貴
村上 玲央
土屋 眞
サムエラ アニセ
藤田 哲啓
関戸 直之
テビタ メツイセラ
久高 慎介
山道 翔
辻 拓也
篠田 正悟
苫谷 直樹
金 原用
河野 嵩史
リザーブ
茂木 均
片寄 優介
岩山 真司
桑原 一将
佐々木 翔太
長尾 岳人
西尾 風太郎
小関 大介
杣谷 拓真
茂手木 亮
伊藤 大剛
畑地 陽典
宮本 徹也
アンドリュー パラタ
小沢 翔平
廣瀬 賢一

2013年11月2日(土)14:00より東京ガス大森グラウンドにて、トップイーストDiv1第6節 日野自動車REDDOLPHINS戦が行われ、55-7で勝利いたしました。

前半:終始、東京ガスペースで前半戦を圧倒。
今にも雨が降りだしそうなどんよりとした空のもと、東京ガスは、今季ホーム最終戦となる大森グランドで日野自動車と対戦した。次節の三菱重工戦に繋げる意味でも相手を圧倒して勝利をおさめたいゲームである。

東京ガスは円陣を組んで気合いを入れ、グランドへと飛び出していった。日野自動車のキックオフで試合が開始された直後、東京ガスは自陣から積極的に展開し連続攻撃をしかける、その後キックでの攻防となり、相手のボールをキャッチしカウンターアタックを仕掛ける、自陣でのラックから出たボールを左に展開し、⑬柿崎がライン参加しゲインすると、ボールを受けた⑪吉田が内側に切れ込み、相手を振り切って先制トライを奪った(GK失敗 5-0)。東京ガスは貴重な先制点を奪い、試合開始早々良い流れをつかんだ。②小柳の相手ラインアウトボールへの早い働きかけからチャンスを作るなど、東京ガスの勢いはアタックだけではなく、ディフェンスでも素早い出足で相手にプレッシャーをかけ続けた。前半9分には、相手の攻撃を激しいタックルで反則を誘い、ゴール前のラインアウトからモールを押し込んで⑧マハーがトライ(GK失敗 10-0)。前半17分には、敵陣での相手スクラムを押し込んでボールを奪い、バックスに展開、ラックから右へ展開し、⑨皆良田→⑧マハー→⑫西田とつなぎトライを挙げる(GK成功 17-0)。続く20分には、相手陣ラインアウトから左に展開、ボールを受けた⑦阿井が抜け出し、内側をフォローしていた④バーマンへとパスをつなぎトライ(GK成功 24-0)。東京ガスの勢いが止まらない。前半27分には、東京ガスがゴール前へと攻め込み、スクラムを押し込み相手にプレッシャーをかける。反則から東京ガスはスクラムを選択し、最後はスクラムを押し込み⑧マハーがサイドをついてトライ(GK成功 31-0)。前半32分には、相手のキックを⑮黒沢がキャッチしカウンターアタックを仕掛け抜け出す、最後は⑪吉田へパスを繋ぎ相手を振り切って右隅にトライ(GK失敗 36-0)。東京ガスはアタック、ディフェンスとも前に出る良い形で相手を圧倒し前半を終了した。

後半:相手ペースで試合が進むも、集中力を切らさず相手の攻撃を封じ込める。
後半は東京ガスのキックオフで開始された。前半の勢いのまま後半へと繋げたい東京ガスだったが、後半開始から終始相手ペースで試合が進んだ。また、東京ガスの反則から相手ペースとなりゴール前へと攻め込まれる。後半10分、自陣ゴール前ラインアウトからモールで攻め込まれ、たまらず東京ガスが反則をおかしてしまう。執拗に相手はラインアウトからのモール攻撃を繰り返し、最後はモールを押し込まれ、トライを奪われる。(GK成功 36-7)。その後も相手ペースに流れが傾き始めるが、今年スタメンに復帰した22西尾が相手のこぼれ球を奪い敵陣ゴール前まで抜け出し流れを引き戻す。後半17分、相手が蹴りだしたボールを22西尾が早い仕掛けでボールを投げ入れ、バックスへ展開する、ゴール前まで攻め込み、ラックからの連続サイド攻撃で最後は④バーマンがトライ(GK成功 43-7)。嫌な流れを断ち切ったかと思ったが、その後は、息を吹き返した日野自動車が東京ガスのゴール前まで何度も攻め込むが、東京ガスは執拗なディフェンスでゴールを割らせず、我慢の時間帯が続いた。後半29分、自陣ゴール前から相手ボールを奪った⑱岩山が抜け出し敵陣まで攻め込む、ラックから右に素早く展開し、⑳佐々木→⑩今森→⑬柿崎へと繋ぎ、最後は22西尾が相手を振り切って右隅にトライ(GK成功 50-7)。と流れを引き戻すも、その後は一進一退の攻防が続いた。後半終了間際の44分には、相手が攻め込んだボールを21長尾が奪いバックスへ展開、⑳佐々木→⑫西田→⑬柿崎へと繋ぎ、最後はパスを受けた⑭斎藤が左隅にトライ(GK失敗 55-7)。ここで試合終了となった。

このページの先頭へ