試合レポート / report

第9節 日本IBM戦、57-7で勝利!

2010/11/20 東京ガスグラウンド

東京ガス 57 - 7 日本IBM
T G PG DG Total   Total T G PG DG
5 4 0 0 31 1st 7 1 1 0 0
4 3 0 0 26 2nd 0 0 0 0 0
出場選手
東京ガス 日本IBM
1 小関 大介
2 掛川 剛
3 片寄 優介
4 Charles Wyllie
5 村上 丈祐
6 箱崎 友己
7 深澤 泰山
8 James Maher
⑨ 穂坂 亘
10 今森 甚
11 吉田 辰也
12 柿崎 恭兵
13 長尾 岳人
14 西尾 風太郎
15 小吹 和也
1 月野 鉄平
2 野田 敬司
3 夏目 賢
4 石井 雅人
5 星野 幸喜
6 神名 茂樹
7 赤井 大介
8 徳力 拓
⑨ 山中 俊幸
10 道廣 祐太
11 勝俣 啓太
12 馬場 善友
13 南 繁治
14 畠山 健
15 小玉 達郎
リザーブ
16 小柳 貴裕
17 小林 拓朗
18 岩山 真司
19 小俣 智広
20 土屋 和也
21 谷 史哉
22 中浜 聡志
16 梅原 洋平
17 作田 敏哉
18 古賀 彰
19 棚橋 健太
20 塩谷 純司
21 湯本 孝治
22 中西 大

11月20日、東京ガスグラウンドにて14:00よりトップイーストリーグ第9節、東京ガスvs日本IBM戦が行われ、57-7で勝利いたしました!

前半、東京ガスのキックオフで試合開始。両チームとも敵陣で試合を進めようと、キックの応酬で幕を開ける。前半4分、ハーフライン付近左ラインアウトの相手ボールをフォワードが奪い素早く右に展開。⑭西尾は抜群のスピードで相手ディフェンスを振り切り、50mを走り切り右隅にトライ。TGが先制点をあげる(5-0)。勢いに乗ったTGは、積極的にバックスに展開し、連続攻撃から一気に敵陣ゴール前まで攻め込む。そして前半10分、日本IBMがオフサイドの反則を犯した後の敵陣ゴール前の右ラインアウトから、フォワードがモールを押し込み⑧マハーがトライ。点差を広げる(10-0)。さらに前半18分、相手ボールのスクラムから、相手⑧に⑨穂坂が好タックルし反則を誘う。その後の敵陣22m左ラインアウトから、⑨穂坂→⑧マハーと繋ぎ、⑧マハーが相手ディフェンスを突破しトライ。⑮小吹のゴールも決まり、さらに点差を広げる(17-0)。いずれのトライも相手の反則後のラインアウトから奪ったトライであるが、フォワード第3列の⑥箱崎、⑦深澤、⑧マハーが素早いサポートで密集戦を制し、また⑨穂坂が抜群のボールさばきでバックスに展開した結果である。前半32分に日本IBMにトライを奪われるものの(17-7)、前半35分には敵陣22m付近のラックから④ワイリーが抜け出し、好フォローした⑧マハーがトライを決める(24-7)。そして前半終了間際の41分、敵陣ゴール前のラックから右に素早く展開。⑩今森の好判断で⑭西尾まで一気に飛ばしパス。⑭西尾はノーマークでインゴールに飛び込みトライ。(31-7)前半終了。
後半もTGは、スクラム、ラインアウトのセットプレーが安定し、優位にゲームを進めた。後半13分、敵陣22m左スクラムより右に展開。⑨穂坂→⑩今森→⑫柿崎とパス。⑫柿崎は素晴らしいスピードで相手ディフェンスの隙をつき、一気にインゴールまで走り切りトライを決めた(38-7)。日本IBMも反撃に転じるが、TGの⑫柿崎、⑬長尾の両CTBをはじめ、バックスのディフェンスに穴はなく、またフォワードは運動量で日本IBMを上回っているため、密集サイドの防御にも余裕があった。そして、後半22分には敵陣22m左ラックから、⑨穂坂→⑩今森にパス。⑩今森が相手バックスラインの裏に絶妙なゴロパント。これをインゴールで22中浜が押さえてトライ。勝利を決定づける(43-7)。攻撃の手を緩めないTGは、後半30分に途中出場の⑯小柳のターンオーバーから一気に逆襲し、⑨穂坂からパスを繋ぎ最後は⑪吉田がトライ(50-7)。後半39分には、自陣より攻め込み、④ワイリー→22中浜→⑮小吹と繋ぎ、⑮小吹は50m独走しトライ(57-7)。ノーサイドとなる。

【交代選手】
後半15分―13・長尾→22・中浜
後半20分―5・村上→18・岩山
後半20分―1・小関→17・小林
後半25分―2・掛川→16・小柳
後半34分―9・穂坂→20・土屋
後半34分―10・今森→21・谷
後半34分―7・深澤→19・小俣

★次節は、横河武蔵野戦(12月5日 14:00キックオフ・熊谷ラグビー場)です。

グランドにお越しいただき、選手へ熱い声援をよろしくお願いします!

このページの先頭へ