試合レポート / report

第5節 栗田工業戦、47-24で勝利!

2010/10/17 栗田工業グラウンド

東京ガス 47 - 24 栗田工業
T G PG DG Total   Total T G PG DG
3 3 0 0 21 1st 9 0 0 3 0
4 3 0 0 26 2nd 15 2 1 1 0
出場選手
東京ガス 栗田工業
1 進藤 崇
2 小柳 貴裕
3 橋本 樹
4 Charles Wyllie
5 村上 丈祐
6 箱崎 友己
7 深澤 泰山
8 James Maher
⑨ 穂坂 亘
10 皆良田 勝
11 柿崎 恭平
12 今森 甚
13 長尾 岳人
14 西尾 風太郎
15 小吹 和也
1 金城 憲人
2 諸隈 知也
3 岩下 和弘
4 来嶋 新
5 伊藤 徹
6 大野 潤滋朗
7 桑田 直輝
8 Paul Miller
9 森 洋三郎
10 Philip Dowson
11 松本 卓也
⑫ 淺田 亮太
13 坪井 淳
14 中村 直紀
15 山崎 真二
リザーブ
16 掛川 剛
17 片寄 優介
18 長野 良夫
19 小俣 智宏
20 谷 史哉
21 野原 邦夫
22 Hendrik 
   Meyer
16 中川 大輔
17 山田 紘也
18 原田 大地
19 川田 一彰
20 本村 旨嵩
21 佐藤 浩一
22 古川 賢一

10月17日、栗田工業グラウンドで14:00よりトップイーストリーグ第5節、東京ガスvs栗田工業戦が行われ、47-24で勝利いたしました。


前半5分 東京ガスの反則から、栗田工業がペナルティーゴール(以下PG)を成功させ、3点を先制される。今年も接戦を予感させる幕開けとなった。
しかし、その直後である前半9分、⑭西尾が自陣22Mライン付近で相手のパスを奪取するインターセプトに成功。そのまま持ち前の快足を活かし、1人で80m以上を走り切り、ゴール中央にトライを決めた。その後、⑮小吹がゴールを慎重に成功させ、逆転。(7-3)
その後、両チームともに前に出るタックル、的確なキックとその処理など、社会人リーグならではのレベルの高いプレーを連発、一進一退の攻防が続く。
そんな中、前半24分に主将の⑨穂坂が相手の反則から速攻を仕掛け、バックスラインにボールを展開、最後は⑬長尾が相手のタックルをかわして、左中間へトライを奪う。⑮小吹がゴールを再び成功させ、(14-3)とリードする。
前半27分にはまたしても、栗田工業に反則からPGを決められ、(14-6)。
接戦のまま前半は終わるのかと誰もが思い始めていた頃、再び⑭西尾がインターセプト。西尾の快足に敵は全く追いつくことができず、右中間へトライ。⑮小吹がゴールも成功させ、(21-6)。
前半40分に栗田工業はこの日3つ目のPGを成功させ、(21-9)で前半が終了。

得点差は12点。簡単に逆転されてしまう油断できない点差である。東京ガスは再度気を引き締めてグランドへ。
後半3分 栗田工業がまたしてもPG成功。(21-12)
しかしこの日の東京ガスはフォワードとバックスが一体となった連続攻撃をしかけ、ゲームの流れを完全に支配。先ずは、後半10分バックスの⑩皆良田、⑭西尾とつなぎ、最後は⑮小吹がトライ。(26-12) さらに後半24分にも同じく、フォワードがつないだボールを⑮小吹がトライ。(33-12)
後半27分には、栗田工業に惜しくも1トライを奪われてしまう(33-19)が、その後も東京ガスペースでゲームは進み、後半31分今度は⑬長尾がこの試合3つ目のインターセプトに成功し、そのままトライ。⑮小吹のゴールも決まり、(40-19)とゲームを決定づけた。
さらに後半38分にはバックスのサインプレーが見事に決まり、⑭西尾がこの試合3つ目のトライを決める。⑮小吹のゴールも決まり、(47-19)。
最後の終了間際のロスタイムに栗田工業が意地のトライを取ったが、ゴールが成功した直後にノーサイドのホイッスルが鳴り響いた。(47-26)

【交代選手】
後半18分―2・小柳→16・掛川
後半18分―4・ワイリー→17・片寄
後半18分―11・柿崎→22・メイヤー
後半28分―6・箱崎→19・小俣
後半28分―12・今森→21・野原
後半38分―7・深澤→18・長野
後半38分―9・穂坂→20・谷

★次節は、セコム・ラガッツ戦(10月24日14:00キックオフ・大森グランド)です。
グランドにお越しいただき、選手へ熱い声援をよろしくお願いします!

このページの先頭へ