お知らせ / information

2013/12/3 08:23.37

2013年度ラグビー部公式戦終了のご報告と御礼

東京ガスラグビー部 部長・主将より2013年度公式戦終了のご報告と御礼をさせて頂きます。

◆柴田部長
2013年シーズンの終了にあたり、日頃より東京ガスラグビー部を応援をいただいている皆様に改めまして厚く御礼申し上げます。
本年も『トップリーグ昇格』を目標に選手達は精一杯鍛錬し、闘ってくれたと思います。
強豪チームの強化に及ばず、目標には遠く及ばない成績となったことは無念であり、皆様のご期待に沿えなかったことに対して残念な気持ちでいっぱいです。
最も悔しい思いをしているのは選手達自身ではありますが、この悔しさをバネに2014年は飛躍の年にしていきたいと思います。
引き続き、ご理解とご支援をいただきますようよろしくお願いいたします。

東京ガスラグビー部長 柴田陽一

◆今森主将
我々東京ガスラグビー部は仕事とラグビーの両立を目指し、そしてトップリーグに上がるという目標を掲げて、今シーズンも取り組んで参りました。
しかしながら、現在のリーグが発足以降、過去最低のリーグ5位という順位でシーズンを終えました。

監督やヘッドコーチを置かず、選手だけで練習や試合に取り組むという新しい形に挑戦してきましたが、結果が伴いませんでした。同じリーグ内の他チームでは選手のプロ化が進み、ニュージーランドを中心とした有名外国人選手を多数揃えるなど、国内リーグは大きく変化しております。
その様なチームに勝つことは容易なことではないと痛感しました。

しかし、選手は自ら不足している部分のトレーニングを行ったり、チームの為にどうしたら良いのか、自ら考え行動に移せる様になってきました。そしてチームスポーツをする上で非常に大事な「一体感」を持って取り組むことが出来た一年ではないかと考えております。

勝負事には勝ち負けはつきものです。
試合の勝敗はとても大事ではありますが、試合を行うまでの過程も同様にとても大事であると考えております。
今年度は成果としては現れませんでしたが、チームとして成長した一年であったと思います。

来シーズンは成果をしっかりと出せる様、これまで以上に邁進して参りますので、今後とも東京ガスラグビー部をよろしくお願い致します。

東京ガスラグビー部  主将 今森甚

このページの先頭へ